ブログ丼

スポンサーリンク

Suicaオートチャージができるクレジットカードお勧めは年会費無料のアレ!

 Suicaって今や使える範囲が非常に広くなっているので便利なんですが、だんだんとチャージが面倒くさくなってきますよね~。

 

 そんな人にはクレジットカードを使ったSuicaオートチャージ設定がお勧め。ちなみに私もSuicaがオートでチャージされるようになっています。便利ですよ~ほんと(笑)

 

とはいえ、Suicaでオートチャージ設定ができるクレジットカードというのは、何でもいいというわけではないんです。ある条件を満たしたクレカでないとこの便利な機能は使えません

 

というわけでこのページでは、Suicaのオートチャージができるクレカ一覧と、お勧めの1枚をご紹介します。

スポンサーリンク

 

Suicaオートチャージができる条件とは?

まずすでに利用しているSuicaが「記名式のMy Suica」でなくちゃいけません。これはみどりの窓口などで無料でやってもらえます。本来は記名式の方が安全なんですよ。万が一落としても使用を止めてもらい、新しいSuicaに補填してもらえますから。

 

そして次はクレジットカードの条件ですが、結論から言うと、「VIEWカード」系列のクレジットカードに限られます。ビューカードというのは、いわゆるJR東日本グループのSuica一体型カードのことですね。

 

ま~オートチャージという便利な機能を使うのは、そこの親分さんのクレカしか使えないわけです。(汗)

オートチャージを使うための流れとしては、

①まず、クレジットカードを申し込む(お得な申し込み方法を下で説明します。)
②届いたクレジットカードと記名式のMy Suicaを最寄り駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)に持っていきます。

 

そしてこの2枚のカードを「リンク」させ「オートチャージ設定」するわけです。詳しくは★「Suicaオートチャージ設定の方法」に書いてあるので実際にオートチャージの設定をする時には参考にしてください。

 

とまあこんな感じでSuicaのオートチャージ設定をクレジットカードでする方法をご説明してきましたが、いくつか質問が出てくるかもしれませんね~例えば・・・

 

未成年者は利用できる?

Suicaオートチャージの設定にはクレジットカードが必須ですので、18歳未満の方は利用できません

 

ただし1つだけ例外があって、これはSuicaではなくPASMOのサービスですが「TOKYU CARD ジュニアオートチャージ」というのがあります。これは小学生から18歳になった後の最初の3/31までの間、オートチャージできるサービスです。

 

必要なのは、保護者名義のTOKYU CARDと小児用PASMOあるいは記名式PASMOです。ま~定期以外にお子さんがよく電子マネーを使う場合はいいですが、オートチャージ設定だと何に使うか分かりませんからね~(笑)お菓子買いまくり、とか。

 

既に定期券を持っていたら1つにできる?

先に定期券を持っていて、その後でSuica機能付きビューカードでオートチャージ機能を追加したい場合、1枚に集約できるのでしょうか?答えは、YESです。方法としては2つほど考えられます。

 

①最寄り駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)に持っていく方法

これは、JRの最寄り駅に設置されているATM「VIEW ALTTE」の多機能券売機を使って設定できます。機械の指示に従い順番に2枚のカードを入れて【リンク】してもらいます。そうすることで1枚で2枚分の機能が使えるようになります。

 

Suica 定期まずは、最初の案内画面から「Suicaのリンク」を選択します。

Suica 定期
さらに次の画面でも真ん中にある「Suicaのリンク」を選択します。あとは指示通り進んでいけばOKです。

 

この設定は上の画像のように簡単にできるのですが、その簡単な作業ですら面倒くさいというあなたには2番目の方法をお勧めします。

 

②定期券が終了するまでは2枚を使いこなし、その後オートチャージされたSuicaで定期券を購入する方法

そうです。定期券が終わるまではとりあえず2枚を使いこなし、次回の定期券を作る際にSuicaカードを使って発行してもらいます。そうすることで1枚で通常のオートチャージも定期券としても利用できるようになります。あなたはどっち派ですか?(笑)

 

さて、Suicaのオートチャージに必須なのはビューカードという話をしましたが、一言でビューカードと言ってもいろんな会社とタイアップしていてかなりの数があります。

 

あなたのクレカの申し込みの目的が単にオートチャージなら、後は年会費位を気にすればいいだけですが、他にもよく使うお店やサービスなどがある場合、また例え年会費を払ってでもこのカードを持ちたい!という場合は、以下のクレカ比較を参考に申し込んでください。

 

ちなみにただ申し込むだけではもったいないです。申し込む際に2,000円~3,000円がもらえる秘密の方法を後でご紹介しているのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

 

Suicaオートチャージができるクレジットカードの種類

Suicaにオートチャージできるのはビューカードのみ、と言ったんですが、そのビューカードだけでもいろんな種類があるんですよ。提携している会社によって還元率やプラスアルファのサービスが変わってきます。特に代表的なカードをここではご紹介したいと思います。

 

Suicaカード名 年会費 初年度年会費無料 定期券 その他の特徴
ルミネカード 1,029円 ・ルミネの買い物でいつでも5%OFF
・さらに年4回は10%割引
大人の休日倶楽部ミドルカード 515円 × ・片道・往復が連続で201km以上の乗車券をカードで払うとJR東日本、JR北海道の切符が5%OFF
・びゅう国内旅行商品が、同行者も5%OFF
・会員限定の切符やツアーがあったりする
・ただし男性は50歳以上64歳未満、女性は50歳以上59歳未満のみ限定
ANA VISA 2,160円 ・入会時・毎年のカード継続時に+1,000マイルのボーナスマイル
・100円=1マイルまたは200円=1マイル
・ANAグループ便搭乗で割り増しボーナスマイルがもらえる
ANA VISA ワイドゴールドカード 15,120円 × × 最大56,500マイルプレゼント
最大約1.71%の還元率
・搭乗時のボーナスマイルが一般カードの2.5倍
・ゴールドカードだけのサービスや特典あり
JALカード 2,160円 × ・クレジットカードの還元率は1.0%。JAL提携店で2.0%も
入会搭乗ボーナスで最大5,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナスで最大2,000マイル
・搭乗ごとに最大+25%のボーナスマイルがもらえる
アトレビュー 515円 年間ボーナス500ポイント
・2年目以降も年間2万円以上のお買いもので年会費よりお得に
・アトレビューSuicaカードでクレジット払いするとJREポイントが3倍に
ビックカメラ 515円 × ・利用しているだけでビューサンクスポイント、ビックカメラポイントの両方がたまる
・2年目以降も一度クレジットカードを利用することで年会費無料に
・ビックカメラでチャージしたSuicaで支払えば、チャージのポイント還元1.5%に加えて、ビックカメラからビックポイント(基本10%)が付与されるので、合計で11.5%付与される

 

お勧めのSuicaオートチャージができるクレジットはコレ!

Bic Camera Suica クレジット

結局お勧めなのは、ビックカメラSuicaカードです。私もこれを持ってます。というのも年会費が無料だからです。(爆)

 

Suicaをオートチャージにすることでいちいちチャージする時間と手間、また現金があるか気にすることから解放されました。しかもオートチャージ設定にすることで、ポイント還元率が0.5%のところが1.5%になりました。そしてそれをSuicaのポイントへと還元し、通常のSuicaポイントとして利用出来ちゃいます。

 

ちょっとの手間で設定をするだけでこんなにお得なんですよ~やらなきゃ損損ということです!さていよいよ真打の登場です。つまり、クレジットカードを作る際に、さらにキャッシュバックしてもらっちゃおうという秘密の裏技です。

 

年会費無料だけでなく、キャッシュバックキャンペーンがある!

「秘密の裏技」と言った割にシンプルな方法なんですが、moppyというキャッシュバックサイトを使います。簡単に流れを言うと、

 

moppyの無料会員になる。
moppy経由でクレジットカードを作る
③作成するクレジットカードのキャッシュバックに応じて2,000円~3,000円のmoppyポイントがもらえる
④そのポイントをAmasonポイントに移行するもよし、現金で銀行に振り込んでもらうこともできる。

 

という感じです。ね、簡単でしょ?中にはmoppyのキャッシュバックキャンペーンだけで30万円以上稼いだ強者もいるとか。私も今は4,700ポイントくらいですが、すでに10,000円以上Amazonポイントと交換しました。

moppy

ちょっとしたものを買えちゃうので普段電車に乗っている時なんかにちょこちょこ稼いでる感じですね~。暇つぶしがお金になるんですから、ありがたいものです。

 

>> Moppyの無料会員はこちらからできます。

 

ちなみにMoppyで作れるビューカードともらえるポイント数、総合評価は以下の通りです。

カード名 もらえるポイント 総合評価
ルミネカード 3,000円 4.0
大人の休日倶楽部ミドルカード 3,000円 4.0
ANA VISA 2,000円 4.1
JALカード 2,000円 3.8
アトレビュー 3,000円 3.3
ビックカメラ 3,000円 4.1

スポンサーリンク

 

Suicaオートチャージができるクレジットまとめ

  • 必須なのは、記名式のMy Suicaとビューカード
  • 年会費無料でお勧めなのは、ビックカメラカード
  • タダじゃ転ばない!さらにキャッシュバックしてもらえるmoppyを活用しよう

 

Suicaをオートチャージにしてから約1年が経過しようとするのですが、この間ポイントを見たら、なんと10,000円分くらい溜まっていました!(驚)やっぱり還元率1.5%というのは半端ないです。

 

コンビニでは、例えばファミマに行けば「Tポイントカード+支払いはSuica」のように組み合わせることで、合計の還元率は2.0%にもなります。いや~塵も積もれば塵だらけ・・・いやいや山となるって本当ですね~(笑)

 


         スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top