ブログ丼

スポンサーリンク

新幹線の往復割引きっぷを東京発で計算したらこの料金になった!

新幹線往復割引きっぷ料金の計算の仕方をご紹介しましょう。

年末年始やお盆に帰省で地方に行かれる方も多いですよね~。
私も帰省の時は新幹線にするのか、飛行機か、車か、いろいろと悩みます。結構お金かかりますもんね^^;

最近「新幹線の往復割引切符」なるものを知り、なぜもっと早く知らなかったのが呆然としました。

早速ですが、新幹線の往復割引きっぷの計算方法です。

スポンサーリンク

実は、新幹線の切符代は2つに分かれた料金体系だった。

新幹線の料金は、実は「乗車料金」と「特急料金」に分かれています。
そして往復割引が適応されるのは「乗車料金」の部分だけなんですね~
「特急券」はそのままの値段で支払わなければいけません。

新幹線の乗車券の往復割引の公式は簡単で「1割引」です。

 

例えば東京発西明石行で往復するとしましょう。
「乗車料金」に相当する運賃は片道9,610円です。
往復割引は、9,610円×0.9×2(往復)=17,290円(1,920円割引)

「特急料金」ですが、
指定席で5,810円です。
自由席は基本520円引きですが、新幹線全般で見るとJRのエリアによって異なりますし、繁忙期や閑散期で増額減額されたりします。

というわけで、東京―西明石間の往復分のひかりの「運賃と料金」の合計は、17,290+(5,290×2)=27,870円です。

往復割引の式自体は簡単ですよね。
でも、なぜここで東京―西明石間を例にしたのかというと、この往復割引に関係する大変重要な条件があるからなんです。

新幹線の往復割引の条件

新幹線の往復割引の条件とは、2点間の距離が「601km以上」というものです。
ということは、東京発で考えると以下のエリアの外でないと、往復割引は効きません。

新幹線の往復割引

東京発西行き

東京発西行きで言うと、山陽本線の「朝霧駅(東京から606.5km)」より西側が新幹線の往復割引適用範囲となります。

ということは、
東京 名古屋
東京 京都
東京 新大阪
間はすべて、往復割引圏外となってしまいます。

なんじゃそれ~っていう感じですね(笑)
ま~結局は長距離割引と考えたほうが良さそうです。

でも安心してください!
例え新幹線の往復割引が使えなくても、お得な割引チケットの購入方法をこの下で書いてますので^^

 

そのまえに、東京発で北に向かう場合の往復割引範囲は以下の通りになります。

東京発北行き

東北新幹線 二戸駅(東京から601.0㎞)
羽越本線 羽後牛島駅(新潟経由で東京から604.2㎞)

これよりも北に行く場合に、新幹線の往復割引が適用できます。

スポンサーリンク

新幹線のチケットを割引で買う方法

実は、新幹線というのは割引が非常に低い商品なんですよ。
ま~公共交通機関ですからね~、安定的に運営するためにはしょうがないわけです。

さて、そんな中新幹線の格安チケットをゲットする方法です。
まずは西行きの場合です。

 

エクスプレス予約

エクスプレス予約

JR東海の運営するホームページ「Express予約」です。
新幹線の割引パックがいくつかあるんですが、例えば、「IC早特タイプ21」ですと、21日より前に予約することで30%以上割り引いてくれます。

ただし、エクスプレス予約は1年間の年会費が1,080円(税込)かかりますが、1度でも使えば十分に元が取れます。このサービスはチケットレスを重点に置いていて、EX-ICカードというもので入場します。

 

JR東日本の「えきねっと」

えきねっと

JR東日本の「えきねっと」の会員になることで、会員限定のチケットが購入できます。
会員費は無料ですが、支払いはクレジットカードになります。

えきねっとトクだ値」・・・列車・席数とも限定的ですが、安くなります。
お先にトクだ値」・・・13日前までに購入することで30%~35%割引になります。
お先にトクだ値スペシャル」・・・期間限定で40%~50%割引になることも。

 

モバイルSuica特急券

モバイルSuica特急券

モバイルSuica特急券もJR東日本のサービスになりますが、北海道・東北・上越・北陸・山形・秋田で利用できます。ちなみに東海道・山陽新幹線などは使えません。

モバトク」・・・モバイルSuica会員限定(無料)割引
スーパーモバトク」・・・モバイルSuica会員限定(無料)割引の早割版。
運賃と特急料金の両方がかなりお安くなっていますね。・・・モバイルSuica会員限定(無料)は35%くらいは割引になっています。

このサービスを利用するのに必要な条件は、モバイルSuicaのクレジットカードです。年会費は無料です。

 

「新幹線ホテルパック」

新幹線パック

最後に「新幹線ホテルパック」です。
旅行などで新幹線を利用する人には、超お勧めです!

この「新幹線ホテルパック」は、文字通り「新幹線往復+ホテル」をパックにした商品です。シーズンにもよりますが、実際はホテル代が無料になるほどの安さがあります。

新幹線のチケット代が同じでもホテル代が無料になるなら、割引率でいうと30%-50%になりますよね~。なので、かなりお得だと思います。

→新幹線パックを見てみる

スポンサーリンク

新幹線往復割引まとめ

  • 601km以上しか使えない
  • 「エクスプレス予約」「えきねっと」「モバイルSuica特急券」などの割引サービスを利用する
  • 「新幹線ホテルパック」などパックものを利用する

 


新幹線のチケット関連の商品って本当にたくさんあるんですよね~

昔、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」という商品を利用したことがあります。
かなり安いんですが、のぞみで2時間で行けるところをこだまだと5時間かかりました(涙)

たまには電車の長旅もいいかな~と言って利用したんですが・・・疲れました。たぶんもう利用しないかな~(汗)

 


         スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top