ブログ丼

スポンサーリンク

2ケ月乳児の予防接種スケジュールが間に合わない?同時接種で乗り切れ!

生後2ケ月から乳児予防接種スケジュールが始まります。
特に初めての赤ちゃんの場合、お母さんはどのように予防接種のスケジュールを組めばいいのか悩みますよね~。

実は、予防接種のスケジュールを失敗すると大変なことになってしまいます。
正しい時期にしか打てない予防接種ワクチンがあり、その時期を外すと将来赤ちゃんが病気になってしまうリスクがあるんですよ。そうなったらかわいそうですよね~。

スポンサーリンク

 

とはいえ、ご存知と思いますがワクチンの種類は非常に多いです。
0歳から1歳までの間に受けないといけないものの中には、ロタウイルス、B型肝炎、4種混合、ヒブ、BCG、小児用肺炎球菌、MR、おたふくかぜ、水疱瘡、日本脳炎などがあります。その他任意で、髄膜炎、ポリオなどもあります。

ワクチンには、生ワクチンと不活性化ワクチンがありますが、生ワクチンを受けた後は27日間はどんな予防接種も受けられません。ですので予防接種はきっちりとしたスケジュールに基づいて行っていかなければいけないんです。

予防接種のスケジュール例を挙げると、こんな感じになります。これはあくまで一例です。

生後2ケ月からのスケジュール例

赤ちゃんの月齢

ワクチン名

【2か月】

B型肝炎①、ロタウイルス①、ヒブ①、小児用肺炎球菌①

【3か月】

B型肝炎②、ロタウイルス②、ヒブ②、小児用肺炎球菌②、四種混合①

【4か月】

ロタウイルス③、ヒブ③、小児用肺炎球菌③、四種混合②

【5か月】

四種混合②、BCG

こんな感じで生後2か月の乳児から計画的にワクチン接種をしていきましょうね。

しか~し!
実はこの例のように順に予防接種を受けられたら問題ないのですが、病院によっては同時接種(複数の予防接種を同時に受けること)を断られるケースがあります。もし同時接種を受けられず、単独接種のみで受けようとすると、絶対に間に合いません

 

大切な赤ちゃんの予防接種なのに、なぜ同時接種を拒否されてしまうんでしょうか?実はこれには深い理由があるんです。

同時接種を断る病院がある理由

これは少し専門的な話になりますが、「生ワクチンを受けた後27日間はいかなる予防接種も受けてはいけない」と現在の予防接種実施規則では決められています。

しかし医学的に言えば、ロタウイルスのワクチンをした次の日に、4種混合ワクチンを受けても何も問題はありません。 海外では普通に行われていますし、それによって特に副作用や事故が多発していることもありません。

 

実際に日本小児科学会は、このルールの撤廃を厚生労働省に求めて文書で提出していますが、この予防接種実施規則は変更されていないです。日本のガラパゴス化はこんなところにも表れているんですね~

そういうわけで小児科の先生たちは、同時の、あるいは連続での予防接種が安全であることを理解していながら、やはり厚生労働省に歯向かうのも億劫なので、規則に従っている、というのが現状のようです。ま~これも分かりますよね~。お医者さんたちも間に挟まれて大変なんですよ。^^;

 

じゃあ、ここで質問です。
「そんなにまでして、乳児の予防接種を受けた方がいいんでしょうか?
「また任意の予防接種もスケジュールに入れた方がいいんでしょうか?」

これには、いろんな考え方がありますので、ご両親で決めるべきことではありますが、参考になる予防接種の基礎知識を見てみましょう。

スポンサーリンク

そもそも予防接種は必要なのか

予防接種というのは、ウイルスの死んだもの、あるいは弱毒化させた菌を人間の体に注射し、先に抗体を作っておくことで、マジなウイルスが襲ってきたときに体を守ろうとすることです。

でも中にはタイミングが非常に重要なワクチンもあります。

例えば、B型肝炎のワクチンは大人になってからも打つことができますが、乳児の時に予防接種を受けておくと、その効果は半永久と言われています。しかしもしワクチンを受けず、3歳までに感染してしまうと、B型肝炎が慢性化してしまうリスクが非常に高くなります。

 

もしあなたのご家族にB型肝炎の方がおられたり、あるいは保育園に赤ちゃんを預ける予定があるなら、そうした接触の機会にB型肝炎を感染してしまう危険性は十分ありますよね~。

現在日本には100万人のB型感染者がいるとされています。つまり100人に1人は感染しているわけです。「乳児の時にワクチンを受けさせておきさえすれば、あとで大人になってから苦しむことがなかったのに!」と後悔はしたくないのではないでしょうか?

 

では、生後2ケ月の乳児のための予防接種スケジュールを組むためにどうすればいいか、結論です!

同時接種をしてくれる病院を探そう

実は病院によっては同時接種に前向きなところもあります。
赤ちゃんの将来の健康を考えて、任意のものも含めすべての予防接種をスケジュール通り受けさせてあげたいと思ってくれているのでしょう。

 

それで近所の小児科に電話して、同時接種が可能か聞いてみましょう。予約になるので、生後間もなくから準備するとよいでしょう。 どうしても見つからない場合は、保健所に電話すると教えてくれるでしょう。

家の近所に見つからず、多少遠くにいくことが必要かもしれませんが、大切な赤ちゃんの将来のために頑張ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

「乳児の予防接種スケジュール」まとめ

  • 生後2ケ月から予防接種スケジュールは始まっている
  • 予防接種ワクチンは赤ちゃんの未来を守る!
  • 同時接種に前向きな小児科を探そう

 


         スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top