ブログ丼

スポンサーリンク

L-92乳酸菌の商品に即効性はない?効果を実感するための注意点3つ

 最近L-92乳酸菌の商品が花粉症に効くってテレビでも雑誌でも言ってますよね~。

 実は私も8年くらい前に花粉症になってしまって、春はなにもやる気が起きません。目がかゆくて鼻がムズムズ。それもイライラするのですが、薬をもらいに眼医者に行くと、もっとイライラします。

眼医者
どうされました?
目がかゆいんです。鼻もムズムズします。
眼医者
(まぶたを上にあげて目を見る。)
ウウッ(引っ張りすぎやろ~!)
眼医者
う~ん・・・かなり目が充血しています。花粉症ですね~
そ、そうですか。(それぐらい分かってるわ~!)
眼医者
薬を出しておきましょう。目薬と飲み薬ですね~
あ、ありがとうございます。(え?診察ってこれだけ?)
眼医者
お大事に~
あ、ありがとうございました。
受付
はい、診察代と薬代で8,000円になります。
あ、はい。(は、はっせんえん!)

 

 そうなんですよ!保険が効いて8,000円ということは、眼医者には26,667円入るんですよ!もちろんそこから薬代は払うわけですが、診察僅か3分!時給にしたら幾らになるねん!って話ですよ。

おっと取り乱しました・・・(笑)「L-92乳酸菌の商品」の話でしたね。そうなんですよ、花粉症などのアレルギーにL-92という乳酸菌を含む商品がいいんだとか。まずは、ラインナップのご紹介です。

スポンサーリンク

 

L-92乳酸菌の代表商品

 下でもう少し詳しく書きますが、「L-92乳酸菌」というのはカルピスさんが研究して見つけた、あるいは開発した乳酸菌なんです。ですから他にも、ヤクルトのシロタ株とか、キリングループのKW乳酸菌とか明治乳業のR-1とかいろいろあるわけですが、L-92と言えばカルピスになります。

液体を飲むタイプ

 ヤクルトのように液体に入っている尋常じゃない数の乳酸菌を飲むタイプのものです。

 

 乳酸菌というのは生き物なので、エサが必要です。そして時間と共に液体の内容も変わってくるので(汗)味も変わっていきます。ですから賞味期限はあまり長くないと考えた方がいいでしょう。

携帯できるサプリメントタイプ

 液体を持ち運ぶのは難しい人向けのサプリメントタイプです。これなら軽いし、旅行や仕事でも持ち運べます。

 

L-92乳酸菌の商品の効果を実感するための注意点3つ

 確かにL-92を始め、各社が競争して開発している乳酸菌には腸内環境を良くして、花粉症などのアレルギーに効くとされているものがあります。研究結果などを見ていると確かに多くの割合で改善がみられるようです。

 しかしL-92乳酸菌の商品に限ったことではありませんが、こうした健康食品系を利用する時にはいかの3つのことをしっかりと覚えておきましょう。そして長い目で効果を期待するほうがいいでしょう。

1.健康食品は効かない場合が多い

 「健康食品」と聞くと、きっと効果があるんだろうな~と思ってしまうんですが、実は効果レベルは微妙です。効果がある順はこうなります。

分類 効果の程度
医薬品 効果大
医薬部外品 効果小
特定保健用食品 効果微+値段が高い
健康食品 効果なし~効果微の間
サプリメント ほぼ効果なし

 
そう!健康食品というのは、ただの食品に毛が生えた程度の効果しか期待してはいけない、ということです。これは効果がない、といっているのではありません。

 私たちの体はすべて摂取したモノからできているわけで、体に良いものを取り入れれば健康に、体に悪いものを取り入れれば不健康になるからです。少なくとも健康食品は、体に悪いものではないはずなので、多少は良いという逆説的な話になります。

 

2.花粉症などは継続的に体質を変えないといけない

 花粉症というのは、体のアレルギー反応の1つの表現です。私の場合8年前に花粉症が出始めた、と書きましたが、突然拒否反応が起きたというよりは、それまでの人生の中で体が耐えていた何かが一線を越えて「花粉症」という形で噴出してしまったわけです。

 その原因はいろいろあるでしょう。不摂生、ストレス、環境(花粉が多いとかも)年齢など複雑に入り組んでいて、決定的な原因というのは1つではないと思います。

 要は、長年かけて体に貯めこんできたストレスをすぐには直すことはできないということです。少しずつ体質を変えて、アレルギー反応が出ない状態に変えていく必要があります。

 ですからL-92乳酸菌が入った商品を数週間飲んだからと言って、劇的に花粉症が治ることを期待してはいけないということです。

 

3.人が効いたからといって、自分が効くとは限らない

 L-92などの乳酸菌を摂取する目的は、腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてよい状態にすることで、免疫力を高め、アレルギー予防をしましょうよ、ということです。

 ですが、人間の腸にいる菌の数は100種類以上と言われていて、それぞれの人の腸にいる菌の種類は異なります。ですから仮にみんながL-92乳酸菌を体内に取り入れたとしても、その効果は未知数ということです。ですからネットの口コミや評判をすぐに信じるのではなく、じっくりと自分に効きそうな乳酸菌を探すくらいの目線で試していくというでしょう。

 さて、乳酸菌について少し書いてきましたが、もう少し深堀りしてみましょう。あなたなら「乳酸菌とは?」と尋ねられたならなんと説明しますか?

スポンサーリンク

 

乳酸菌とは?

 乳酸菌というのは、糖を酸に変える細菌の総称で、自然界にたくさん存在しています。(何億種類とも言われています。)そして乳酸菌は人間の腸内にいて、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などの善玉菌と同じく体に良い働きをしてくれます。例えば、エサであるオリゴ糖を乳酸や酢酸に変えることで腸の動きがよくなり、便通の促進、悪玉菌の増殖を抑えるなど活躍してくれます。

 

 乳酸菌が含まれている食品と言えば、ヨーグルト、チーズ、バターなどの乳酸菌食品、また漬物、味噌、醤油などの発酵食品にも含まれています。それぞれ働き方が異なるので、風味が違ったり、中には保存性が増加する、消化が良くなるなどの効能を持つものもあります。

L-92 乳酸菌 商品

カルピスにまつわる乳酸菌の誤解

 カルピス(濃縮された甘い液体)は、乳酸飲料として有名ですが、ある人たちは「あのカルピスの中に乳酸菌がいるから体にいいんだ」と勘違いしてしまっています。

 

 カルピスというのは、いわゆる牛乳に乳酸菌を入れてその働きであんな風味になるわけです。そして出来上がった液体(ま~ヨーグルトみたいなもの)を高温で殺菌して乳酸菌を殺してしまいます。(ひ、ひどい、ひどすぎる)そこに砂糖をたくさん加えたものがカルピスになります。

 

 ですから、あのカルピスの中にはもはや乳酸菌は生きてはいないわけです。乳酸菌は利用されるだけ利用されて捨てられるのです。(涙)ですから「カルピスを飲んだから体に乳酸菌を取り込める」というのは大きな誤解です。

 

 さて、乳酸菌の基本的な働きがいろいろ分かってきたところでL-92乳酸菌についても見て行きましょう。カルピスさんが長年研究して選び抜いた乳酸菌なんです。

スポンサーリンク

 

L-92乳酸菌とは?

 L-92乳酸菌の正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」です。このL-92乳酸菌は人由来の細長い菌で、一般に売られている乳製品には入っていない乳酸菌なんですね~。

 

 一応カルピスさんいわく、医者や第三者機関にも研究成果を見てもらった結果、やはり花粉症などのアレルギー症状、アトピーやアレルギー性鼻炎などの症状にも効果がある、ということのようです。

 

L-92乳酸菌がアレルギーに効くとされる根拠

 どのような仕組みでアレルギーが起きるのかを説明するのは大変ですが、簡単に言うとこうです。

 

 体内でアレルギー反応に関連している細胞として有名なのが、Th-1細胞Th-2細胞です。で、Th-2細胞が増えすぎると腸の中で炎症が起き、それが鼻や目などの粘膜に広がってアレルギー反応が出るとされています。

 

 一方乳酸菌を取り入れると、腸でTh-1細胞が増えます。そうすることで腸内細菌のバランスが整い炎症は抑えられ、アレルギー反応が抑えられます。善玉菌を増やすことで、悪玉菌の勢いが弱くなるんですね~。

 

 ただし最近の研究結果では、悪玉菌がすべて悪いわけでもないということです。つまり人間の都合で善玉菌悪玉菌と名付けていますが、それらの最近の働きがすべてわかっているわけではないからです。仮に腸内の細菌をすべて善玉菌にしたとしても、体調は良くならないそうです。不思議ですね~。

 

腸まで届く乳酸菌がいいのか?

 実は普通に乳酸菌を摂取しても、ほぼそのすべてが胃酸で死んでしまいます。それだけ胃酸は強力なわけですが、このL-92乳酸菌も死んでしまいます。「えっ、じゃあ効果がないんじゃないの?」と思われるかもしれません。

 

 でも実はそれでいいんです!そもそも乳酸菌は腸の中にいても10日ほどで死んでしまいます。どんどん増殖しては死んでいくものなんですね~。そこに胃酸によって死んでしまった乳酸菌のご遺体が到着すると、それを餌にして増えてくれるわけです。

 

 ですから必ずしも腸まで届く乳酸菌を摂取する必要はありません。そのタイプの商品はけっこう高いですからね。気にせずいろいろ試して自分に合う乳酸菌を選びましょう。

スポンサーリンク

 

L-92乳酸菌商品まとめ

  • L-92乳酸菌の商品はカルピスが販売している
  • アレルギーに効くかどうかは人それぞれ。過度に期待せず長期目線で試してみよう。
  • 乳酸菌を摂取して、腸内環境を整える意識を持とう。

 

 悪玉菌の働きで、直接私たちに関係があると言えば・・・「オナラ」です。基本臭いオナラですが、腸内細菌の環境が悪ければより一層臭くなります。いや、笑い事ではありません。あの臭いは警告ととらえた方がいいでしょう。

 

 というわけで花粉症などのアレルギーが今のところない人でも、オナラが臭い人は乳酸菌をたくさん食べたほうがいいかもしれませんね~

 


         スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top