ブログ丼

スポンサーリンク

帰省ラッシュ・Uターンラッシュ予想!2016-2017の年末年始はヤバイ

帰省ラッシュ、からの~、Uターンラッシュ
やってきました年末年始恒例の行事が。

毎年おなじみの田舎に帰る家族へのインタビュー!
新幹線の乗車率が100%を越えましたという、あのニュース。

でも、その日しか実家に帰れないんだからしょうがないですよね。
何とか今年の年末年始2016年から2017年にかけては、気持ちよく帰省しましょうよ。

というわけでまずは2016-2017の年末年始がなぜヤバイのか解説します。

スポンサーリンク

2016-2017の年末年始はヤバイ

2016-2017の年末年始がなぜヤバイのか、その理由はカレンダーに関係があります。
つまり2016年12月から2017年1月の年末年始には、思いっきり週末が入ってしまっています。
1月1日(日)2日(月)です。

つまり、年末年始の休みが少ない
ということは、皆が帰省する日が偏ってしまう。
つまり、帰省ラッシュとUターンラッシュが半端ないことになってしまう!ということです。

2016-2017帰省ラッシュ・Uターンラッシュ

この日取りからくる「帰省ラッシュとUターンラッシュの予想日」です。
通常12月29日が仕事納め、とすると、帰省ラッシュで混むのは30日になるでしょうね。

また仕事始めは、1月4日が多いでしょうから、Uターンラッシュは、1月3日になっちゃいます。
ヤバイ位混むでしょうね~(汗)

 

そんな中、少しでも帰省ラッシュをかわすため、あなたにダメもとで3つの提案をしたいと思います。

これで帰省にしてくれない?3つの代替案

①日付をずらす
②逆に祖父母に東京に来てもらう
③海外で合流する

まずは、①日付をずらす、ですが、そもそも年末年始以外の週に帰省できるのならそれがベストです。
でもまあ難しいですよね~

それでも何とか1日ずつずらせられないでしょうか?
例えば12月30日~1月3日ではなく、12月31日~1月4日とか。

会社が小さかったり、融通が利くところだと可能かもしれません。
少し早い目に、「うちは小さな子がいるので~何とかお願いしますよ~」って上司に相談したらOKかもしれません。

②逆に祖父母に東京に来てもらう
ま~東京のお家は狭いかもしれません。広かったらすいません(苦笑)
でも帰省ラッシュというのは、下り線が、そしてUタンラッシュというのは、上り線、が混むわけですから、それを逆手に取ってみようという話です。

家に泊まれなくても、近くのビジネスホテルに泊まってもらってもいいんじゃないでしょうか?
正月の東京は逆に人が少なくてホテルがすいているかもしれませんよ^^

海外で合流する、は多少高くつきますが、ホテルの部屋も義理の親とは別で済むので、奥さんには好評かもしれません。
豪勢にハワイで待ち合わせなんていいんじゃないでしょうか?(笑)

 

これらの手段が使えない場合、やはり帰省ラッシュに確実に巻き込まれる定番の交通手段3つを使うことになるでしょう。
でも、帰省ラッシュに巻き込まれてもなんとか少しでも快適に過ごせる方法はないものでしょうか?

無い知恵を絞って考えてみました。

やはり、帰省ラッシュは避けられない?3つの交通手段とは?

これが定番の3つの交通手段です。
①新幹線
②飛行機
③車

順番に快適に過ごす方法を考えましょう。
新幹線ですが、
最高なのは、グリーン車を予約。快適そのものです。

次に指定席。予約は2か月前からですから、年末年始の指定席を予約するなら10月の終わりに行動しておかないと間に合いません。

自由席。これは駄々ごみであるのは間違いありませんが、例えば最寄りの新幹線の駅が品川でも、始発の東京駅までわざわざ行く、という手があります。

またこれは小さな抵抗ですが、座席が多少多い2号車に並ぶ、という手もあります。(笑)
ま~この情報を見て、みんなが2号車に並んだら逆に混んでしまうかもしれませんが・・・

あとは混み合うことが確実な午前の便ではなく、夕方から深夜にかけての便に乗るという手もあります。
帰省ラッシュの当日にはあまり効果はないかもしれませんが、ま~せめてもの努力ですね。

最終手段は、特急から各駅停車に変えてみるというのもあります。
「のぞみ」や「みずほ」の人は「ひかり」へ
「さくら」の人は「こだま」「つばめ」へ変更、という感じです。

以上が帰省ラッシュでも新幹線を少しでも快適に利用する裏技です。

 

飛行機、です。
基本飛行機は、空港などは混み合うもののすべて指定席ですから快適です。
ただ、料金が高い。

それを克服するための技をご紹介しましょう。

・LCCを利用する
・株主優待券を金券ショップで購入する
・往復飛行機付きのパック旅行を利用する
・マイレージで予約する、です。

LCCは、日本の空を一気に変えてしまいました。格安です。
もちろん年末年始は料金は高くなりますが、それでも大手の飛行機会社よりは安いです。
仮に多少遠い空港に着陸したとしても、トータルで快適で安く帰省できるかもしれません。

株主優待券を金券ショップで購入し、それで飛行機のチケットを購入します。
この方法だと「普通料金」の飛行機代を半額で購入できます。

「普通料金」というのは本来高いものですから、年末年始やお盆の時期など繁忙期以外で購入することは無いと思いますが、それでも年末年始の際の高額チケットでも、半額で購入できます。

往復飛行機付きのパック旅行の場合、「飛行機代+宿泊代」になりますが、意外に飛行機のチケットだけを購入する世売りも安い場合があります。これは大手の旅行会社が大量にチケットとホテルを確保しているからでしょう。

もちろんホテルを利用するならOKですが、利用しない場合はちゃんとホテル側に説明しておきましょう。

最後に飛行機会社のマイレージを利用する方法です。
通常の飛行機のチケットは高い時期なわけですが、マイレージの消費量は通常でも年末年始でも変わりません。

支払うマイレージ量は同じということは、言い換えるとこれは日頃からマイルを貯めいてくれているお客様へのサービスなわけです。そんなありがた~いマイレージサービスをぜひ活用しましょう。

まだマイレージカードを持っていない人はこちらから申し込めます。

 

さて、最後は③車で帰省する場合です。
まず渋滞を避けるという意味においては、夜中に高速道路を走る、という点が挙げられるでしょう。
運転手の負担が大きいので2人以上いたほうが安全です。

また渋滞中の高速道路は避けて一般道路を走る、という手もありますが、渋滞が20キロ以上ある時以外は結局高速道路でトボトボ進んでいる方が時間的には早いです。

逆に、どうせなら大渋滞に巻き込まれてもいいから、車内で楽しく快適に過ごす、という開き直り作戦もあります。 そんなまっすぐなあなたに贈るのは、「渋滞でも車内で快適に過ごすためのグッズベスト10」です。

スポンサーリンク

車で帰省する人が大渋滞に巻き込まれても少しでも快適に過ごすためのグッズベスト10

10位 携帯トイレグッズ・・・「渋滞に巻き込まれても大丈夫。最後には携帯トイレがある。」そう思えるだけで精神的にも肉体的にも楽になれます。

 

9位 濡れティッシュ・・・なにかと便利なのがこの濡れティッシュ。コーヒーをこぼしたりしても拭けますし、手を拭いたりして快適です。旅は楽しくなくちゃ。

 

8位 着る毛布・・・冬は車内も寒いですからこの「着る毛布」があれば快適です。車内でエアコンをかけすぎると乾燥してしまいます。

 

7位 インバーター・・・これは車の電源から普通の家電を使えるように電圧を調整するものです。アイロンなどは使えませんが、ちょっとした家電なら問題なく使えます。

 

6位 ネットコンテンツ配信・・・最近流行りの海外ドラマなどが定額料金で見れます。もちろん運転手はみちゃいけませんよ^^

初月無料キャンペーン中!【フジテレビオンデマンド】
ドラマ観るなら<U-NEXT>

5位 Wifiレンタル・・・スマホのネット回線契約だと、あっという間に使い切ってしまいます。短期間だけ借りられるWiFiレンタルだと安心してネットにつなぐことができます。

 

4位 FMトランスミッター・・・運転手がiPadやiPhoneなどにつないで音楽が聴けます。音楽があるだけで旅は楽しくなりますよ。

 

3位 ゲーム機DSとか・・・特に子供たちがいる場合は、ゲーム機は欠かせないでしょうね。夢中であっという間に時間が過ぎるので、ぐずることもありません。

 

2位 シガーソケット沸騰ミニポット・・・シガーソケットにつなぐことでお湯を沸かすことができます。カップ麺や温かいお茶などが作れます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

アドバンスワークス 12v車用シガーソケット沸騰ミニポット保温もOK
価格:5580円(税込、送料無料) (2016/9/16時点)

 

1位 iPad・タブレット車載ホルダー・・・運転手も助手席の人も後部座席の人も、iPadなどのタブレットを固定できます。長い帰省を考えると不可欠でしょう。

 

スポンサーリンク

帰省ラッシュ・Uターンラッシュを快適に過ごす方法まとめ

・なんとか帰省しなくていい方法?代替案3つを祖父母に聞く
・定番の交通手段3つを安く快適に利用する
・車で帰省&Uターンする場合、車内でできるだけ快適に過ごせるように工夫する


昔、スキーに行った帰りに大雪にあったことがあります。
高速道路が閉鎖され、まる2日車内に閉じ込められました。

近くのコンビニにも新しいパンやおにぎりが補充されることもないので、食べるものが売られていない・・・
でも運転手は起きてなくてはいけない・・・

そんな過酷な旅の終わりは解放感でいっぱいでした!
ちなみに夜中もエンジンをかけ続けたその車の燃費は、リッターあたり500mでした(爆)

 


         スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top